草香社会保険労務士事務所様とのコラボレーション企画!

【ブリーフセラピーで人生を快適に】


コミュニケーションの変化を促して問題を解決・解消していこうとする心理療法であるブリーフセラピーを学び、実践していくことで、生活の中のストレスを上手に扱っていくことができるようになります。「人と人」の関係のことですね。もう一つ大切な視点があります。それが「人」が何なのか理解することです。「人」と「人と人」が理解出来たら「今ここで何が起きているのか」を理解し扱えるようになります。ブリーフセラピーの使い手になるということです。人生を快適にするために一緒にブリーフセラピーを学びましょう。

 毎月1回☆土曜日開催

 

会  場:

①Zoomミーテイング(定員15名)

②学園前サロン(定員4名):奈良市学園大和町2-200-5ダイヤハイツ学園前C-518 

 

参加費:各回 3,500円

  

時  間:19:30~21:00

第1回 6月26日(土曜日)

ブリーフセラピーとコミュニケーション

①ブリーフセラピーとは?

②自分とのコミュニケーション

③他人とのコミュニケーションで大切にすべきこと

講師:岩崎恵美

1992年大阪国際大学経営情報学部卒業後、マイカルグループへ総合職として入社。妊娠を期に退職し子育てをしながら英語教室を12年間運営する。その傍ら心理学とカウンセリングを学び、2007年心理カウンセリングサロンWISDOM-HOUSEを開設する。2012年NPO法人日本心理教育ラボを設立。2016年日本ブリーフセラピー協会神戸支部長に就任。自分を大事にをモットーに精力的に活動している。

(ブリーフセラピスト・シニア、ブリーフコーチ、2級キャリアコンサルティング技能士、NLPマスタ―プラクティショナー)

アシスタント:林紀代子

法律事務所を結婚により退社。2014年放送大学教育学科(心理と教育)を卒業。認定心理士を取得しNPO法人日本心理教育ラボにおいて相談業務に就く。2016年より当法人の事務局を運営している。2020年理事に就任。楽しく学ぶがモットー。

 (ブリーフセラピスト・ベーシック、ブリーフコーチ、2級キャリアコンサルティング技能士、CFP・1級FP技能士、精神保健福祉士)


企画・主催:草香有子

2014年草香社会保険労務士事務所を設立。特別養護老人ホームでの経験を活かした福祉事業所の人材育成やメンタルヘルスケアに力をいれた労務管理のほか、がん患者就労支援・女性活躍推進のアドバイザー、ストレスチェック(Well診断)、学校教育・ハラスメント対策等の講師などを行う。また、介護労働安定センターでは雇用管理・人材育成のコンサルタント、奈良産業保健総合支援センターではメンタルヘルス対策促進員・両立支援促進員を担う。好奇心を大切に迅速前進で活動している。

(特定社会保険労務士、心理相談員、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、第一種衛生管理者、介護福祉経営士1級、健康経営エキスパートアドバイザー)

ダウンロード
「ブリーフセラピーで人生を快適に」講座案内
ブリーフセラピーで人生を快適に.pdf
PDFファイル 522.0 KB

お申し込みから受講までの流れ

  1. 下記の「お申込みフォーム」に必要事項をご記入のうえお申し込みください。
  2. こちらから、申込みの確認確認メールをお送りいたします。自動返信ではございませんのでお返事に1~2日いただいております。ご了承ください。
  3. 受講料をお振込みください。ご入金を確認いたしましたら領収証を添付メールでお送りいたします。
  4. zoom参加の方→受講日が近づきましたら、レジュメ、資料、zoomミーテイングIDをメールでお送りいたします。
  5. 会場参加の方→当日会場にお越しください。
  6. zoom参加の方→zoomミーテイングIDで入室してください。

お振込み先

  • 受講料は事前お振込みをお願いいたします。
  • お振込先口座情報

ゆうちょ銀行

店名:四三八

店番:438

普通預金

口座番号:7672050

名義:トクヒ)ニホンシンリキョウイクラボ

 

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

今後予定している内容です。

講座の進み具合により内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

第2回 まずは自己理解を深めよう!

・エニアグラム

・承認でフラームが作られるメカニズム

・このコースの目的

 

第3回 人類の歴史から私たちの特徴を知ろう!

・人類の一番大切なもの「社会性」

・目の機能

・五感

 

第4回 心の仕組みを知り統合を目指しましょう!

・意識と無意識

・それぞれの特徴と役割

・自己肯定力

 

第5回 他人との様々な「違い」とたくさんの誤解

・男女の違い

・口語体と文語体

・文化の違い

・ジェネレーション・ギャップ

 

 and more