【リーダー・起業家のための実践コミュニケーショントレーニング講座】


起業を目指す方や既に起業された方、チームリーダーやファシリテーターの役割を担っている方々に対する、目の前の問題へのアプローチと真の自己実現へのアプローチという両輪をサポートしていくサービスです。

【料金とサービス内容】

① 1回×90分=22,000円(税込み)

対面カウンセリングにより個別のご要望に対応します。今目の前にある問題へのアプローチが主軸となります。

※初めての方は1回×60分=13,200円(税込み)をご利用いただけます。ご活用ください。

 

② 全6回 1回×90分×6回=110,000円(税込み)

目安といたしまして月1回の半年間にわたり、対面カウンセリングによりコミュニケーショントレーニングを行います。今目の前にある問題へのアプローチから入り、その問題の見立て方や介入方法、その根拠となる様々な理論と介入にあたってのコミュニケーション技術の有効な活用方法を学び、現場での実践していただきます。と同時にご自身の明確化されていない強みを見出しながら自己理解を深め、さらなる自己実現を目指します。また、現場での実践結果の分析とそれに基づいた今後の戦略を考え、現実構成していきます。

リーダーといわれる役割を担った人は、日々、様々な悩みを抱え、その悩みをメンバーには伝えられず、孤独感を味わっていることが多いのではないでしょうか。チームリーダーは、メンバーとその家族といった背景にまで思いを巡らせ、そこに思いやりを持って行動しようとするため、簡単には問題を解決できない歯がゆさや、割り切れない思いに頭を抱えこんでしまうことが多いようです。

 

では、どのようなサポートがあったら、リーダーとしてのプライドを守りながら、問題や課題を明確に抽出できて、それらの解決策を導き出し、前進していくことができるのでしょうか。

 

現実はコミュニケーションによって構成されています。

それにはやはり、システム論・社会構成主義・組織心理学・セカンドオーダーサイバネティクス等といった概念、そして、インテグラル理論という世界観を手に入れることが必要であると考えています。これらの概念を手に入れることによって、人間関係の仕組み、組織の捉え方、世の中の理への新たな視点を持ち、持続可能なリーダーシップが実現します。しかしながらこの世界観を手に入れるにはそれなりに時間がかかります。ですので、すでにこれらの概念と視点を持っている心理カウンセラーと共に、まず、目の前の問題へのアプローチを実践として行い、問題に対応しながら、これらの概念を学習し手に入れていきます。

 

さらに、真の自己実現へのアプローチとして外せないのが自己理解です。自己理解とは、自分の認知構造を理解することです。今起きている事象を認知しているのはその人だけです。それを真実というのであれば、同じ事象を見ていても真実は人の数だけあるということになります。ただ一つなのは現実です。自分の認知を超えたところで現実を捉えるためには、自分がどのような認知構造を持っていて、そのために目の前に起こっている現実をどう真実と認知しているのか、俯瞰して観る技術が必要になります。自身の認知から解放されて現実を見抜くことができれば、自分の現在地、そして未来の姿が鮮明になってくるのです。そのための自己理解になります。

 

そして、これらのサポートを、全くの外部の人間として、しかも守秘義務を負った心理カウンセラーが、多様な背景と現実を背負った、それぞれ違う未来を描くリーダーに対し、マンツーマンでアプローチしていきます。

 

では、具体的にどのようなアプローチをするのか、少し触れていきます。

現在、当法人では、GSP(元気が出る組織づくり)事業を行っています。この事業では、活動報告の時間とは別に、事業主とカウンセラーが対話する時間を設けています。

「自分の話を率直に話せる時間があることがありがたい」

「問題が起こったとき、行動をおこす前に、カウンセラーに話すことによって、頭を整理することができるので、これから取る行動に自信が持てる」

「新しいことを考えるとき、何に面白さを感じているのか、やっぱり稼ぎたいとかいった自己理解が深まると、頭がクリアになってモチベーションが上がる」

と、事業主とカウンセラーが対話する時間が有意義であると話されます。

 

マンツーマンでオーダーメイド

自分の組織にこんな問題があって、こんな家庭の問題を抱えていて、この1か月こんなことがあって…からは始まり、「対話」を進めながら、何に迷っているのか、何が引っかかるのか、この拘りは何だろうか、何が面白いと思うのか、何を大事にしていきたいと思うのか、そもそも何のためにリーダーを担っているのか、…という自身の深部にアクセスしていき、自分の感覚に上がってくるありとあらゆることを言語化し、意識上に挙げ、一つひとつ認知していきます。そのことによって人生の目的さえも明確化されていきます。目的さえはっきりすれば、後はそこに向うにあったっての課題や問題の本質が見え、それを解決するための行動や手段を決めることができます。

 

カウンセラーは、意思決定のプロセスやカウンセリングの技法をふんだんに使った「対話」という方法でお手伝いしていきます。もちろん目の前の早急に解消しなければならない問題に対しても、システムの問題へのアプローチに強いブリーフセラピー(短期療法)を活用し対応していきます。まさしく、短期的な目の前の問題へのアプローチ、長期的な自己実現へのアプローチ、という両輪をサポートしていきます。

 

素晴らしいアイデアは混とんとした中から生まれます。「もやもやする」その感じを探っていくことが結局は早道だったりするのです。いちど、自己実現カウンセリングへアクセスしてみてください。